取引所

GMOコインをカンタンに口座開設する方法

・投資を始めたい
・仮想通貨を始めたい
・GMOコインを開設したい
・カンタンに開設する方法は?

と思う方にこの記事では以下のことを解説していきます。

・GMOコインをカンタンに開設する方法
・GMOコインの口座開設方法

この記事を最後まで読むと以下のような知識が付きます!

・GMOコインをカンタンに開設できるやり方
・GMOコインの口座開設する手順

わたしは仮想通貨歴6年・NFT歴は1年。
仮想通貨の利益は300万以上でNFTは元金30万でスタートして現在日本で人気のNFTを10枚以上保有しています。

仮想通貨を6年間取引してきた経験を活かし、仮想通貨に関する情報を発信しています。一緒に仮想通貨の世界を楽しみましょう!

※まだ販売所と取引所の『ちがい』がわからない方はまずこちらの記事を必ず読んでください!

販売所と取引所の違いがわからないと確実に『』をしてしまいます。

販売所と取引所の違いを解説してますのでこちらの記事をどうぞ!

仮想通貨を始めたい方や・始めたばかりの方は各取引所のことをきちんと理解していく必要がありますので仮想通貨をあわてて買うのではなくまずは『知識の勉強』をしてゆっくりと進めていきましょう。

わたしも初心者の頃は

・あれをやっておけば良かった
・もっと知識をつけていれば

なんてことを後悔したことが何回もありますのでまずは焦らずに知識』を付けていきましょう。

ビットコインは現物ETF承認が決まりさらに注目されていて、資産運用会社世界1位のブラックロックのビットコインFTFは開始1週間で10億ドルを突破しました。

10億ドル=1ドル148円の場合→1,480億円。

1週間で10億ドルを突破して記録を塗り替えているそうですが、早くも銀ETFをを超えて2位のコモディティETFとなりました。

もちろん1位は金(ゴールド)ETFですが、金も抜きそうですね。

数年前はビットコインは詐欺だとか言われましたが、個人的には日本円で貯金しているより資産をビットコインなどにしたほうが良いのではと思っています。

世界でもさらにビットコインへの注目が集まるなかで、今回はGMOコインの開設方法どこよりもわかりやすく解説していきます。

GMOコインはこちら(無料)

なぜ取引所の開設が必要なのか

・開設する必要はあるのか
・開設するのが面倒
・仮想通貨の取引所を開設しなくてもいいんじゃないか

なんて思う方もいますよね?

結論言いますと、仮想通貨取引所は必ず開設が必要です

理由は‥マネーロンダリング防止でしょう。
マネロンがわからない人は調べてみてください。

仮想通貨は取引所を開設しないと買えませんので取引所は必ず開設しましょう。

この記事では皆さんがカンタンに開設できるように解説していきます。

口座開設をカンタンにする方法

口座開設をカンタンにする方法は、開設をする前にこのブログをザックリでもいいので読むことです

この記事を読めば『なにをすればいいか』・『どんな順番で進めてくのか』などがわかりますので是非やる前か、やりながら読んでみてください。

この記事では口座開設のすべてをわかりやすく解説していますので、あなたの口座開設の参考になると思います。

カンタンにGMOコインを開設する方法

それでは順番にGMOコインの開設方法を解説していきます。

口座開設をクリック

下画像水色枠内いますぐ口座開設をクリックします。

3項目の入力

下画像赤枠3項目を入力していきます。

① 個人を選択

②メールアドレスを入力

③私はロボットではありませんの枠にチェックマークを入れる。
(詳しくはこの次に解説します)

3項目入力できたら④の口座を開設するをクリックします。

私はロボットではありませんのやり方

なぜこのようなことをするかの答えは、ロボットのアカウントで不正ログインや不正行為がないようにするためです。

下画像赤枠水色枠の中をクリックしてチェックマークを入れます。

下画像のように絵が出てきますので、赤枠に書いてある指示にしたがいます。

2回ほどやれば終わりますが、毎回絵が違うので注意してください。

ボット対策が完了すると下画像赤枠のようにチェックマークが入るのでチェックマークが入ればOKです。

チェックマークを入れられたら口座開設するをクリックして進めます。

認証メールの確認

口座を開設するをクリックすると登録したメールアドレスにGMOコインから認証メールが届きます。

下画像のようなメールが来ますので赤枠のURLをクリックして進めます。

パスワード設定

パスワードの設定をします。

①にパスワードを入力します。

②は決めたパスワードの強さを表示してくれます。
※ パスワードは記号を含む英数字大小を入れて強くします
(弱・中・強と表示されるのでになるように設定しましょう。)

自分の大事な資産を守るためにもパスワードは強いのに設定しておきましょう

③は①で入力したパスワードを確認のためもう1度入力します。

①・③入力したら設定するをクリックします。

パスワード設定の完了

下画像赤枠のように完了画面になりましたらパスワード設定が完了しているので、パスワード忘れないようにしっかり保管しておきましょう

ログイン画面へをクリックして進みます。

ログインをする

下画像赤枠メールアドレスと先ほど設定したパスワードを入力してログインをクリックします。

パスワードを忘れた方・パスワードがロックされた方・アドレスの変更はピンクの枠をクリックすれば大丈夫です。

電話番号認証

つぎは電話番号認証です。

電話番号はSMSなどで使いますので認証が必要になります

下画像赤枠に携帯番号をハイフンなしで入力してコードを送信をクリックします。

SMSコードを入力

下画像のようにGMOからSMSで認証コードが届きますので赤枠内のコードを入力していきます。

2段階認証設定

つぎは2段階認証設定をしていきます。

2段階認証とはなにかを説明すると、2段階認証とは不正ログイン盗難などを防ぐ、セキュリティー対策を高めるためのモノです

ログインするときに認証コードを活用してログインします。

2段階認証は必須なので、自分の資産を守るために必ず設定しておきましょう。

ログインするときには面倒かもしれませんが、必ず2段階認証をやるようにしてください。

下画像のように送信しましたとなったらGMOに登録したアドレスに2段階認証のコードが届きますので確認します。

下画像のようにGMOからメールが来るので確認します。

モザイクのところに数字6ケタの認証コードが書いてありますので確認します。

認証コードはセキュリティー向上のため有効期限が5分となっていますのでご注意ください!

認証コードを確認できたら下画像赤枠に6ケタの認証コードを入力します。

入力したら指マークの認証するをクリックします。

SMSを再送したい方や電話番号を変更したい方は下画像黄色下線のところをクリックして進めてください。

認証完了

下画像のように認証が完了しましたとなればOKです。

ここから開設申込みになりますので開設申込へ進むをクリックします。

お客様情報の入力

ここからはお客様情報の入力をしていきます。

入力は3分くらいで終わるのでサクッとやっていきましょう!

1・お名前
2・フリガナ
3・性別
4・生年月日

5・郵便番号
6・国籍
7・米国納税義務者
8・外国の重要な公人

9・職業
10・現在の年収
11・金融資産
12・暗号資産現物の取引経験

13・証拠金取引の経験
14・口座開設の動機(複数選択可)

15・お取引の目的
16・未公開の情報(未公開者情報)取得者

17・メール配信設定

18・お客様アンケート(複数選択可)

19・利用規約の確認

※PDFを読んで19の赤枠3つにチェックマークを入れます。

チェックマークを入れたら指マークのご本人確認書類の提出へをクリックします。

お客様情報の登録完了

これでお客様情報の登録が完了しましたので最後のご本人確認書類の提出になります。

これで終わりなのであと少し頑張りましょう!

ご本人確認書類の選択

ご本人確認書類をどう提出するかで口座開設の時間がグッと変わります。

・かんたん本人確認→最短10分で審査が完了
スマートホンが必要になり、カメラで撮影していきます。
確認書類は1点

・画像アップロード→通常2〜3日営業日
画像をアップロードしていきます。
確認書類は2点

審査時間も違いますし、確認書類も1点と2点で差があります

断然かんたん本人確認がオススメです

わたしはかんたん本人確認でやりましたのでそのやり方を解説していきます。

かんたん本人確認

こちらはかんたん本人確認の説明になります。

かんたん本人確認を選択するなら指マークの選択するをクリックします。

画像アップロード

こちらは画像アップロードの説明になります。

画像アップロードを選択するなら指マークの選択するをクリックします。

QRコード撮影

本人書類を選択したら横にある選択するをクリックすると下画像のQRコードが出てきますのでスマホで撮影します。

本人確認の流れ

本人確認書類の撮影をしたあとに顔写真の撮影になります。

下画像の下の指マークの本人確認を始めるをクリックします。

撮影書類の選択

下画像赤枠から撮影できる書類を選択してクリックします。

わたしはマイナンバーカードで進めましたのでマイナンバーカードを使った進め方を解説をしていきます

表面と斜めの2回撮影

マイナンバーですと裏面の撮影がないので、正面と斜めだけの撮影になります。

指マークの次へ進むをクリックして進みます。

表面の撮影説明

下画像赤枠に表面の撮影の注意点が書いてあるので読んでから下の撮影を始めるをクリックして撮影を始めます。

カメラの許可

撮影を始めるをクリックするとカメラへのアクセスを求めていますと出るので許可をクリックして進めます。

本人確認書類の撮影(表面)

これで本人確認書類の撮影になります。

下画像赤枠に本人確認生類を合わせて撮影します。

・本人確認書類のケースなどからは出して撮影します。

自動で撮影しますので合わせたら静止して撮影するのを待ちます。

撮影写真の確認(表面)

下画像赤枠の注意を読んで撮影した写真を確認します。

問題がなければ指マークの次へ進むをクリックします。

斜めの撮影説明

つぎは斜め(ななめ)の撮影になりますので、下画像赤枠の注意を読んで指マークの撮影を始めるをクリックして撮影に入ります。

本人確認書類の撮影(斜め)

最初はむずかしいかもしれませんが、失敗しても大丈夫なのでやってみましょう。

なぜ斜めの撮影をするかというと、カードの厚さを撮影して偽造カードではないかを認証するためです

ここも自動撮影ですので、本人確認書類に合わせたら静止して撮影するのを待ちます。

撮影写真の確認(斜め)

下画像赤枠の注意を読んで撮影した写真を確認します。

ここで1番重要なのは厚みがわかることなので、厚みがわかるか確認しましょう。

問題がなければ指マークの次へ進むをクリックします。

口座開設コード

下画像赤マルを見ると完了に見えてしまいますが、まだ終わっていませんのでご注意ください

口座開設コードを入力すると完了になりますので『かんたん本人確認』の場合はメールでにて、それ以外の申込みの場合は配達にて口座開設コードが来ます。

わたしは『かんたん本人確認』で申込みしたのでメールを確認します。

メールで口座開設コード確認

このようにGMOコインから口座開設コードが送られてきました。

モザイクで隠していますが、①に口座開設コードが書いてありますのでコードをコピーして、先ほどの画面でコードを貼り付けます。

口座開設 完了

下画像の画面になれば口座開設が完了です

すべてが完了になりましたので、自分を褒めてあげてくださいw

本当にお疲れ様でした。

下画面の指マークの次のステップへをクリックします。

日本円入金画面

つぎは日本円の入金画面になります。

GMOコインへの日本円の入金はこちらの記事で入金のやり方どの方法が1番お得に入金できるのか日本円入金の注意点などをくわしく解説していますので、ぜひ読んで参考にしてください。

GMOコインへ日本円の入金方法はこちら。

②のあとで入金するをクリックすればGMOコインのトップページに戻ります。

まとめ

口座開設本当にお疲れ様でした。

口座開設がすべて完了しましたので、あとは日本円の入金ができればビットコインやアルトコインを売買することができます。

わたしのブログではGMOコインでの入金や販売所・取引所でビットコインの買い方や売り方をどこよりも詳しく解説していますので是非参考にしてください。

GMOコインへ日本円を入金する方法はこちら

GMOコインはこちら(無料)

-取引所