取引所

GMOコインでビットコインを売る方法(取引所)

・投資を始めたい
・仮想通貨を始めたい
・ビットコインを売りたい
・ビットコインはカンタンに売れる?
・ビットコインは何円から売れる?

と思う方にこの記事では以下のことを解説していきます。

・GMOコインの取引所の解説
・GMOコインの取引所でビットコイン売る方法
・取引所で売るときの注意点・最低売買価格

この記事を最後まで読むと以下のような知識が付きます!

・GMOコインの取引所はどんなところか
・GMOコインの取引所の使い方
・GMOコインの取引所でビットコインの売り方
・GMOコインの取引所でビットコインの最低売却価格

わたしは仮想通貨歴6年・NFT歴は1年。

仮想通貨の利益は300万以上でNFTは元金30万でスタートして現在日本で人気のNFTを20枚以上保有しています。

仮想通貨を6年間取引してきた経験を活かし、仮想通貨に関する情報を発信しています。

※まだ販売所と取引所の『ちがい』がわからない方はまずこちらの記事を必ず読んでください!

販売所と取引所の違いがわからないと確実に『』をしてしまいます。

販売所と取引所の違いを解説してますのでこちらの記事をどうぞ!

仮想通貨を始めたい方や・始めたばかりの方は各取引所のことをきちんと理解していく必要がありますので仮想通貨をあわてて買うのではなくまずは『知識の勉強』をしてゆっくりと進めていきましょう。

わたしも初心者の頃は

・あれをやっておけば良かった
・もっと知識をつけていれば

なんてことを後悔したことが何回もありますのでまずは焦らずに知識』を付けていきましょう。

仮想通貨の世界に新たな風が吹いています。

ビットコイン現物ETF承認を機に、仮想通貨投資のチャンスが確実に広がっています。

このブログでは初心者の方に役立つ情報や、オススメの情報などをお届けします!

ビットコイン現物ETFの影響が強く、世界でもさらにビットコインへ注目や資金が集まるなかで、今回はGMOコイン取引所でビットコインの買い方をどこよりもわかりやすく解説していきます。

GMOコインはこちら(無料)

取引所の使い方

GMOコインの取引所でビットコインを買う方法を解説する前にまずは取引所の使い方を解説していきます。

自分で買う前に最後まで読んで流れだけでも理解しておけばカンタンに売れるようになりますよ。

右矢印をクリック

ログインしたらGMOコインのトップページ(下画像赤枠)の右矢印をクリックします。

取引所の見方

が売り板・が買い板)
 いま現在の取引の価格を表示しています。

銘柄
 ②の横の下矢印をクリックすると銘柄が選べます。

現在の価格
 高値→今日1番高かった価格
 安値→今日1番安かった価格

成行・指値
 成行→成行とは、価格を指定しない注文方法です。
 いくらでもいいので買いたい・いくらでもいいので売りたいという場合に使用します。

 指値→指値とは、注文を出すさいに現在値からみて指定した価格まで下がったら買い・指定した価格まで上がったら売りと指定する注文方法です。

売・買
 売りたいなら売 買いたいなら買

取引数量
 ここでは数量を入力していきます

注文タイプ 指値・逆指値・Post-Only
 逆指値注文とは、いくら以下になったら売りたい。
 いくら以上になったら買いたいという注文です。 価格が指定したレートに達すると、逆指値注文は成行注文として執行されます。

 Post-Only→SOK(Store or Kill)(Post-Only) 指値注文においてMakerにならない場合、その全数量を失効とする条件です。 注文タイプが指値の状態 で、[Post-Only]にチェックを入れることで指定できます。

注文レート
 注文したい価格を入力します。

確認省略
 ここにチェックマークを入れると確認の省略ができます。

確認画面
 ここをクリックすると確認画面にいき注文することができます。

取引所でビットコインの売り方(指値編)

それではここから取引所でビットコインの売り方指値編)を解説していきます。

指値とは注文価格を指定して注文することです。

自分で価格を決められるので、『ここまで上がったら売りたい』なんて方や、『自分の決めた価格で売っていきたい』なんて方にオススメです。

それではビットコインの売り方を解説していきます。

ログイン

まずはログインをしないと仮想通貨は買えないのでGMOコインにログインをします。

ログインしたら下画像赤枠右矢印をクリックして取引所にいきます。

1 通貨の選択

GMOにログインしたら下画像①の現物取引の右矢印をクリックします。

すると下画像の画面になるので②で通貨の選択をします。

今回は持っているビットコインを売るのでビットコインを選択します。

2 指値 3 売を選択

上画像③は今のビットコインの価格が表示されています。

今回は指値で売るので④は指値を選択して、⑤はを選択します。

4 数量を入力

⑥では数量を入力していきますが、取引所でつまずくのはこの数量入力です。

のちほどこの数量入力でとても便利なツールを紹介しますので、ぜひ使ってみてください!

そのツールでカンタンに自分が売りたい数量が計算できます。

今回はビットコインの最低取引数量の『0.0001BTC』この時の価格で約1,000円分を売るので⑥は0.0001と入力します。

5 指値を選択

下画像⑦の注文タイプは指値を選択します。

逆指値注文とは

「価格が上昇し、指定した値段以上になれば買い」「価格が下落し、指定した値段以下になれば売り」とする注文方法です。

通常の指値注文で、それぞれ、「指定した価格以下で買い」、または「指定した価格以上で売り」とすることと逆の注文方法であることから「逆指値」と呼ばれます。

6 注文レートを入力

上画像⑧の注文レートはなにかというと、自分が売りたい価格です。

この時のビットコインの価格は10,438,350円ですので、早く売りたいなら10,438,350円に近い金額を入力します。

上画像の板の赤字のところが買いたい人の注文なので、その近辺なら数量が合えばすぐに売れます。

わたしは『10439000』と入力しましたが、ビットコインの価格はつねに価格が動きますのであまり値動きに振り回せれないようにしましょう。

7 概算約定代金の確認

上画像⑧の右下に1,043円と表示されているのが概算約定代金になります。

概算約定代金はなにかというと、自分が入力してきた10,439,000円で0.0001BTC売ると約1,043円になりますということです。

数量と注文レートを入力すれば出てくるので、この金額を参考にするのもいいでしょう。

8 確認省略

⑨の確認省略はなにかというと、⓾の確認画面へをクリックした後に注文内容を確認できるのですが、⑨にチェックマークを入れるとこの確認が省略できるということです。

これはどちらでも大丈夫です。

9 確定

②から⑨の入力がよければ⓾をクリックして進みます。

10 確認

⑨の確認省略でチェックマークを入れない方は確認ができますので下画像①の内容でいいのか確認して、良ければ②の確定をクリックします。

注文完了

確定をクリックすると下画像の画面になりますので、この画面になれば注文は完了です

①の閉じるをクリックして、注文一覧で確認をしていきます。

実際の取引を公開

先に伝えておくとブログ用に撮影しながらやっていたら価格が変わってきたので、注文を削除して再度入力して注文しました。

10,439,000円で注文していましたが、下画像①の『10,435,000円』に変更しました。

下画像赤枠は実際にわたしが入れた注文の板になります。

メールの確認

今回『すぐに売りたい価格』では注文しなかったので、注文から13分後に約定しました。(約定=取引成立)

注文が約定するとGMOコインから注文約定のお知らせのメールが来るのでメールを確認します。

下画像①は注文内容で②は約定内容になります。

注文履歴の確認する方法

閉じるをクリックしたらGMOコインで注文の確認をします。

下画像①の右矢印をクリックして②の注文一覧をクリックします。

クリックすると③に注文一覧が出ますので確認します。

注文の変更をする方法

注文したけど変更したい、価格が変わってきてしまったので変更したいときがありますよね。

そんなときの注文を変更する方法を解説します。

注文一覧→変更

下画像①の変更をクリックします。

価格の変更

変更をクリックすると下画像のようになるので注文レートを入力していきます。

②の概算約定代金を参考にしながら入力していくと楽です。

良ければ③の確認画面へをクリックして進みます。

〜注意点〜

ここでは注文数量は変更できません

数量の変更ができないので、数量を変更したい場合は注文を削除しましょう。

変更注文の確認

注文の変更ができましたら、①→②をクリックして、③の注文でいいか確認しましょう。

注文の取消をする方法

数量の変更がしたい場合や、やっぱり注文を取り消したい場合もあります。

そんなときに注文を取り消す方法を解説していきます。

注文一覧→取消

下画像①の取消をクリックします。

取消の確認

下画像①の注文でいいか確認します。

①で良ければ②の確定をクリックします。

注文取消の完了

確定をクリックしたら下画像のようになるので、この画面になれば注文の取消は完了です。

GMOコインを疑うわけではありませんが、注文の取消ができているか確認します。

念の為もう一度確認

下画像①→②をクリックして、③のところに『対象のお取引はございません』と表示されていれば注文が取消できています。

複数注文していた方は、消したい注文が削除されているか確認します。

指値注文するときの便利アイテム

指値で売る方法を解説しましたが、数量の計算をするのが難しい場合がありますよね。

そんなときはこのビットコイン計算機オススメですので使い方を解説していきます。

下画像①をクリックすると仮想通貨の銘柄を選べます。

②をクリックすると法定通貨が選択できます。

ビットコインを計算

じっさいにビットコインを0.0003BTCと入力すると下画像①のように約3万円(※ブログ作成時)でした。

②は1BTCのレートが表示されています(変動します)。

イーサリアムを計算

つぎにイーサリアム0.4ETHと入力すると下画像①のように約19万5千円(※ブログ作成時)でした。

②は1ETHのレートが表示されています。

通貨は88種類

計算できる通貨はなんと88種類もありました。

計算できる通貨をまとめたので、自分が計算したい通貨があるか見てみてください。

取引所でビットコインの売り方(成行編)

それではここから取引所でビットコインの売り方成行)を解説していきます。

成行とは価格を指定しないで注文する方法です

株価の変動が激しい場合は思っていたよりも高い価格や安い価格で売買されることがあります

成行画面の見方

① 通貨を選択します。

② 今現在のビットコインの価格です。

③ 成行・指値の選択をします。

④ 売か買か選択します。

⑤ 取引する数量を入力します。

確認省略をするか決めます。

⑦ 1〜6の入力が終わったら確認画面へをクリックします。

それでは実際に『成行』を使ってビットコインを売っていきます。

ログイン

まずはログインしてないと買えないのでGMOコインログインします。

ログインしたら下画像①の現物取引の右矢印をクリックします。

②と③は売却する前の評価額です。

1 通貨の選択

今回はビットコインを売りたいので下画像①ではビットコインを選択します。

2 成行→売を選択

今回は成行で売るので上画像②は成行を選択して、③ではを選択します。

3 数量の選択

④では数量を入力しますが、今回は最低取引数量0.0001BTC(この時は1,047円分)売るので0.0001と入力して、⑤の確認画面をクリックします。

4 確定

①の銘柄名・注文タイプ・売買区分・取引数量でいいのか確認して、良ければ②の確定をクリックします。

5 注文完了

先ほどの確定をクリックして、下画像の画面になれば注文が完了していますので赤枠内の閉じるをクリックします。

メールの確認

成行は注文してから早いスピードで決済されるのですぐに注文約定のお知らせメールが来ました。

下画像①は注文内容、②には約定内容が書いてあるので確認します。

取引履歴を確認する方法

メールで確認できましたのでGMOコインでも確認していきましょう。

下画像①→②をクリックすると③の履歴が確認できますので、約定レートなど確認していきましょう。

気になる約定レートの差はいくらだったか

さて、成行で売って1番気になるとところは『約定レート』ですよね。

なぜかと言うと、成行は指値とちがい価格を決められないからです

下画像は成行注文を入れる直前の画像で、ビットコインの価格は10,480,000円です。

成行で売ったときの約定レートはというと、、、

『10,477,932円』でした。

その差は『2,068円』でした!

思っていたより誤差は少なかったですね。

逆を言うと指値で注文すれば2,068円節約できたかもしれません

これはたまたまなのか…申し訳ないですが、これ以上はビットコイン売りたくないので勘弁してくださいw

今回は2,068円の価格差でしたが、そのときそのときで価格差はあると思いますので、『早く約定はできるから成行でいい』という理解と『価格差が出る』という注意必要です。

トップページで確認する方法

GMOコインのトップページでは持っているビットコインが一目でわかるので確認するのがカンタンにできます。

下画像①の会員ホームをクリックすれば②と③で確認ができます。

ビットコインを売る前の③は28,376円でしたが、売ったあとは27,334円になっています。

ぜひこの会員ホームも使ってみてください。

取引所のメリット・デメリット

それではわたしが実際に取引所を使ってきて感じたメリットデメリットを解説していきます。

メリット1 手数料が安い

取引所の1番のメリットがこの手数料の安さだと思います。

販売所に比べるとかなり安いです。

わたしがビットコインを売ったときの手数料下画像とおり0円1円です。

1,000円分ずつしか買っていないのですが、それでもこの安さはユーザーからしたら嬉しい限りです。

この手数料を安く抑えてその分仮想通貨の枚数を買えるというのは本当に最大のメリットになるでしょう。

多く買えた分、買った仮想通貨の価格が上がったらその分利益が増えるということです

メリット2 取扱い通貨が多い

2024年5月時点でGMOコインの取引所での取扱い通貨は下画像のように23通貨あります。

取引所でこの通貨の多さは日本最大の多さです。

他の仮想通貨取引所は販売所には新しい通貨が上場しますが取引所には上場しなかったり、販売所だけ取扱い通貨が多いのがほとんどです。

これはGMOコイン最大のメリットの1つと言えるでしょう。

デメリット1 約定しない限り買えない

最初に伝えたいのですが、わたしは国内ならGMOコインを1番愛用しています。

すごく使っていますが、今から伝えるデメリットはGMOコインのデメリットではなく取引所としてのデメリットなのでそこは理解してほしいです。

当たり前ですが、取引所は相手がいないと成立しないので約定しない限り取引できません

なので今の価格より低すぎる価格を買いの注文で入れると約定するのもその価格にならないと成立しません

自分が売りたい立場で、今よりも高すぎる価格で売りの注文を出したらその価格になるまで成立しません

それを理解した上で取引所をうまく使っていきましょう。

取引所で気をつけたいこと

ここからは取引所を使うにあたって気をつけたいことが2つあるので解説していきます。

無理な価格差で指値を入れない

今現在の価格より無理な価格で指値を入れないということです。

チャートを見て価格が落ちてきて自分が狙っている価格で指値を入れているならいいのですが、イーサリアムの価格が1ETH50万円だとして1ETH40万円に指値を入れて約定するのを待つみたいなことです。

自分が計画をして指値を入れているならいいのですが、あまりにも今の価格と離れた価格で指値を入れていると成立するのに時間がかかってしまったりそもそも成立しない場合がありますので注意が必要です

注文を残さない

なぜ注文を残さないかというと、注文を残していてその注文を忘れていたらどうでしょうか

注文が残っていて、その価格になったら取引が成立してしまいます

最悪の場合、確認メールも気づかなくてその成立した通貨の価格が下げてきたときはもう遅くなってしまうのです。

先ほど書いた今の価格から離れた価格で指値を入れていて、取引が成立してしまい、その取引に気づかなくて損をしてしまったなんてことを聞いたことがあります。

ぶっちゃけわたしも1回だけやりましたw

計画してだした注文を残しているなら大丈夫ですが、注文を残しておくとそういうデメリットもあるので注意しましょう。

成行と指値どちらがいいか

この記事を読んでいる途中に成行と指値どちらで買えばいいんだろう?と思われた方がいると思います。

わたし個人的な意見は成行では買いません

理由はいくらで成立するのか明確ではないからです

その前に、取引所を使って今すぐに仮想通貨を買いたい!今すぐ買わなきゃダメ!という方は成行だと取引の成立が早いので成行でもいいかもしれません。

ですがそんなに急いで買いたいときはあまりないと思います。

急いで売りたいから成行でもいいから売りたいというときは、成立が早いのでいいかもしれません。

ですが大事な資産を使って買うのですから、いくらで成立するかもわからないで買うにはもったいないです。

今の価格より安く買えるときもあるかもしれませんが、バクチみたいなことをするなら指値を入れて納得した金額で買いましょう。

まとめ

今回はGMOコインの取引所でビットコインの売り方を解説をしてきました。

成行は数量入力だけなのでカンタンですが、数量の注文と注文が約定するかの問題ですね。

わたしは自分が決めた価格で注文を入れたら放置ですw

買い注文を出しているとして、よっぽど価格が高騰しないかぎり約定するまで価格を見ながら待ちます。

最初は約定するまで不安になるかもしれませんが、慣れていけば大丈夫です!

また、初心者や上級者さん、誰にでもオススメできるGMOコインで仮想通貨の買い方『つみたて暗号資産』の始め方はこちらでどこよりも詳しく解説していますので是非参考にしてみてください。

この記事ではビットコインの売り方を解説しましたが、ビットコインの買い方はこちらで解説していますので是非そちらも参考にしてもらえれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-取引所